戦争には軍需産業として経済対策の効果がある。

戦争は景気対策に良い。
軍需産業が興り、軍需工場、民間軍事会社、原発などの重要施設の警備などが国家防衛産業として吸収される。

軍需産業を「尊敬を集める素晴らしい仕事」などとマスコミで宣伝すれば世間の印象は簡単に操作できる。
百田尚樹「永遠の0」
宮﨑駿「風立ちぬ」
宮嶋茂樹「国防男子」「国防女子」
いずれも人気の高い作品。
人気化することで人々の思想を戦争肯定に導く洗脳ツールとして読み解くことが出来る。