カクヨム ライトノベル ラノベ 執筆 俺のラノベ 歌隣散連華

ライトノベル執筆計画 小説投稿サイト カクヨムを使うことにする

タイトルの通り、KADOKAWAが運営する小説投稿プラットフォーム・カクヨムを利用することに決めた 発端は俺のライトノベル執筆計画の始動 前の記事に書いたように、天才(と俺が勝手に思っている)作家である森博嗣に感化されてライトノベルの執筆プロジェクトを始めた。 GA文庫大賞に応募する、と豪語してはみたものの小説を書いたことがないし業界についても無知である自覚はあったので、記事を書いた後にもう少し小説界隈についてぐぐってみた。 そして、作家デビューする道として出版社から直接拾い上げてもらう新人賞を経由するだけではなくて、文学作品を投稿するプラットフォームを利用する方法があることを知った。 常識みたいだけど、俺は知らなかった。 大手の小説投稿サイトは2つある 現状、2つの大きなプラットフォームがある。 小説家になろう 2004年に個人サイトとして始まり、その後成長し現在に至る。 月間10億PVある巨大小説投稿サイト。 カクヨム 2016年2月にKADOKAWAによって設立された同系のサイト。 小説家になろうからヒット作品が登場したことを受けて作られた。 以上、簡単な説明。 じゃあ、どちらを選ぶか? 結論から言うと俺のような新規無名作家志望者はカクヨムの方が参入しやすそうではある。 両方に作品を投稿することはできるみたいだけど、今はカクヨムにのみ作品を載せていこうと思う。 GA文庫大賞からカクヨムのコンテスト応募へ軌道修正 現在、カクヨムではスニーカー文庫《俺のラノベ》コンステストが開催されている。

Continue reading »