森博嗣 作家の収支 感想 まとめ 小説家という職業

森博嗣 作家の収支 感想とまとめ

作家志望者にすすめる森博嗣の方法論本 森博嗣信者として「作家の収支」は前々から気になってはいたものの未読であった。 読んでみて思ったことを簡単にまとめてみる。 森博嗣の超略歴 有名作家であるが、知らない人のために作家になるまでの道のりを完全に端折りながら書いてみる。 1957年、愛知県生まれ。 工学で博士号を持っており、三重大学、名古屋大学で教員を務める。 1995年、名古屋大学時代に「冷たい密室と博士たち」を1週間で書き上げる。 1996年、38歳の時に書き下ろし4作目である「すべてがFになる」で第一回目メフィスト賞を取り、作家デビューする。なのでややこしいが「すべてがFになる」の方が出版順序では1作目になる。 森博嗣の経歴や作家としてデビューする際のより詳しい経緯は本書にも書いてある。 冒頭に書いた通り、小説家として名の売れている森博嗣であるが、いわゆるミリオン作品は今までにない。 ドラマ化とアニメ化がされている「すべてがFになる」であっても100万部に届いていないというのは驚きである。 しかし、全作品を総合的に見た時の印税は多い。それは森が多数の本を世に送り出しているからだ。 デビュー以来の出版業の趨勢やそれに対応するための森側の販売戦略も書かれている。 そんな森の作家としての「収支」、つまりは金勘定に焦点を当てたのが本書である。 作家の収支 「小説家という職業」の補講としての位置づけ 著者は2010年に「小説家という職業」という新書を出版している。 俺は未読なので、内容については本書に書かれていることを頼りにする。 同書では作家になるための一般的な方法論が存在しないという前提の下で、小説家という職業の説明や必要な気構えについて記しているらしい。

Continue reading »