森博嗣 茂木健一郎 すべてがFになる 捨てる メフィスト ポストモダン ソーカル事件

なぜ茂木健一郎は森博嗣のすべてがFになるをゴミ箱に捨てたのか? 導入・経緯説明編

森博嗣を読んだ茂木健一郎は激昂した 脳内参照リソース不足である人間によって運営されている当サイトは長らく森博嗣作品と脳科学者・茂木健一郎氏に関するネタを投稿してきた。 これには管理人の能力以外の理由も実は在る。 それがこの記事のタイトルである、なぜ茂木健一郎は森博嗣のすべてがFになるをゴミ箱に捨てたのか?にある。 意味が分からないかもしれない。一体何の話をしているんだ、と思うかもしれない。 実は、この一見すると接点のなさそうな二人をつなぐブリッジが存在するのだ。 一体何があったのか 事態は2005年1月31日の茂木健一郎によるクオリア日記に全てある。 当日の日記で、茂木は忙殺状態にあり精神的にもかなり追い詰められている様子が記されている。 当日締切の「大仕事」を処理しながら、論文作業も進める。そんな状況であっても散歩を終えた茂木は新潮を読み耽る。この辺り、メンタルタフネスが鍛えられたインテリぽいではないか。 中身は浅田彰、柄谷行人、鵜飼哲鼎談と大森望、豊崎由美の「文学賞メッタ斬り!」である。 取り組んでいる科学分野(conventional scienceと元ブログでは表されている)が持つ知の体系と浅田、柄谷、鵜飼が語るジャック・デリダ論を比して、茂木はふと思う。 無茶苦茶な世界に生きているなあと思う。その無茶苦茶さが、シミジミ面白い。 茂木は従来からの科学の在り方はある文脈ではゴミ屑(元記事ではarse hole)であることを、同新潮に連載されている保坂和志の 「利根川進みたいな能天気なヤツは、あと十年とか二十年で記憶が解明されて、あと百年以内に意識の全貌が解明されるとか言っているけれども、全然無理なんじゃないか?」 という文章を引き合いに出し、具体例として示している。 ある思想の文脈の中では、科学者は能天気に見える。 一方で、婉曲的にソーカル事件に言及した上で

Continue reading »