茂木 健一郎 プロセス アイ 小説 チュニジア

茂木健一郎 プロセス・アイを読み始めた

プロセス・アイという茂木によるSF小説に興味を持った 脳科学者として日本国内での教養人をおそらく自負しているであろう茂木がどういった小説を書くのかということに期待というよりも好奇心から手に取った本書。 2000年代から綴られているクオリア日記は彼の人生の軌跡そのものだ。頭のなかにあるものを流れるように書き出しているために所々荒い点があるけれど、それ自体が持ち味とみることだって出来る。茂木は日本国内に留まらず国外の様々な場所に出没している(訪れている、となぜか素直に書けない)せいもあって、その文章には固有名詞と神話的な叙述に満ちている。俺の読みでは、茂木健一郎自身は神の存在を信じていないが、神を信じる人の精神は美しいと思っているに違いない。 それで、本書プロセス・アイに返るわけだけど、これもまた固有名詞とスピリチュアルに満ちている。もちろん、科学や経済資本主義もちゃんと収まっている。 まだ4章までしか読んでいない。正直、誰が主要人物なんかも掴めていない。タケシ(川端武志)、グンジ(高田軍司)のどちらかだとは思うんだけども。世界中の国に居住する様々な人々が現れるから群像劇にも見える。まあそもそもライトノベルみたいなキャラクタ小説ではないからこの観点自体が本筋ではない。 北アフリカのチュニジア、チュニスにあるカルタゴの古代遺跡トフェの神話と精神世界から始まる話は物理学と資本主義へのアルゴリズム的な攻略へとつながっていくらしい(読んでないから読み進めた所までしか書けない)。 よく引き合いに出している森博嗣と比べると圧倒的に茂木の小説には固有名詞が溢れている。とにかく具体的なのだ。ハワイで大学生をやっている日系人であるツヨとチカのデート場面も着ているものからストリートまで名前で満ちている。これが路面にある小石のようにゴツゴツとした感触を与えてくれてなんとも心地良い。森博嗣の作品は固有名が極端に少ない。抽象的といってもいい。茂木は物理学、精神世界での抽象的な世界を提供しつつも、あくまで具体的な世界像の中で物語が進行していることを示してくれる。 単なる好奇心から読み始めた本書だけど、予想していた以上に面白い。 茂木が作家としての知名度が低いことが信じられないしとても惜しい。 金持ち脳・貧乏脳みたいなくだらない本なんて出さない方がいいのに。才能の無駄遣いだ。

Continue reading »