1998年に発表された本作「夏のレプリカ」を2017年の今解説する残念企画へようこそ。

なぜ今さら夏のレプリカを解説するのか

まずは本物語の中から簑沢杜萌と犀川創平のやり取りを引用しよう。

「犀川先生は、萌絵のどこが気に入ったのですか?」思い切って杜萌は質問した。自分らしい大胆な質問だと思った。
「その質問をする君が、興味深い」犀川は煙草に火をつける。「質問は、質問する人を表現するんだ。それに対する返答なんかとは無関係にね」

俺が発売からほとんど20年越しで解説しようと決意した意図はこの会話に凝縮されている。
簡潔に書くと、この作品についての質問を思いついてしまったからである。
詳しいことは、森博嗣作品の解釈について書いたこちらの記事を読んでもらいたい。

夏のレプリカへの導入

S&Mシリーズの白眉

全10巻あるシリーズの中でも夏のレプリカは浮いている作品だといっていい。
密室殺人は登場しないし、メイントリックも「まあ」といった感じではある。
「いいのよ、殺しても」という簑沢杜萌の言葉の印象が初めと終わりで大きく変わる、という着想が先にあって、物語が構築された感すらある。
なので、その点に着目するとクリストファー・ノーランのMementoが思い起こされる小説だ。
だけれど、それはまだ表層の話であって、もっと深く物語世界に潜ることができる。
その為に、夏のレプリカは白眉、足り得るのである。
それについて書いていくとしよう。

昔、読んだ人のために

繰り返すが結構前に発表された作品なので内容について曖昧な人もいると思うので、軽くあらすじを押さえてから解説に入りたいと思う。

明示された問題としてのあらすじ

萌絵の親友である簑沢杜萌を主軸として本作は動いていく。
杜萌は優秀な頭脳を持ち、都内の名門大学の大学院生である。
そんな彼女が激しい恋愛の渦中にあり、その背景にある事情を萌絵にすら話せないでいることへの困惑と葛藤が描写されるところから始まる。
杜萌は2年ぶりに実家の屋敷に帰省するが、そこに居るのは家政婦の佐伯と部屋に閉じ込められている兄の素生のみであり、他の家族(両親、姉)の姿はない。
翌日になっても家族は帰ってこず、電話で家政婦に尋ねると雇い主であり杜萌の父である泰史から数日家を留守にする、と連絡があったと告げられる。兄の部屋には鍵がかかっていて入ることが出来ない。
そこへ仮面をつけた男が屋敷に侵入してピストルを杜萌に向ける。
杜萌以外の家族は誘拐されて別の場所に幽閉されているのだと知った杜萌は状況を理解しある行動を起こすことにする……。
そこで発せられる言葉が「いいのよ、殺しても」。
別荘にいる誘拐犯グループから指示をされた杜萌は屋敷の金庫に仕舞われた現金を別荘まで運ぶ。
そこで男女(鳥井恵吾と清水千亜希)の死体が見つかる。お互いに銃を持っており、同士討ちしたと見られる。
現場に残された仮面には実行犯のリーダとされる赤松浩徳の体液が付着している。
警察は、赤松が杜萌を脅迫しお金を金庫から出して、別荘を訪れたところ、仲間二人の死体を発見して、お金を持って逃走した、と推測して捜査を始める。
また事件後、部屋に閉じ込められているとされていた素生の姿が見つからず、失踪事件が起きたとされる。
素生失踪については後で詳しく説明する。
まずは明示された謎である物語のメインの殺人を見ていこう。

殺人事件の真相

20年前の作品なので、思いっきりネタバレする。
杜萌の恋愛相手は誘拐グループの赤松である。
杜萌の父親が政治家であることを知った赤松は金銭目的の誘拐計画を思いつく。
清水千亜希は赤松の元恋人であり、杜萌はそのことが許せずに激しく嫉妬していた。この計画の実行と合わせて赤松は元恋人である清水と鳥井を自身で殺すと杜萌に約束する。しかし、具体的な実行日さえ教えてくれない赤松に対して杜萌は完全には信用できないでいる。
仮面の男が屋敷にやってきたことで、計画が決行されたことを察知した杜萌は、隠し持っていたピストルで鳥井を射殺する。
「いいのよ、殺しても」は杜萌の側が仮面の男を殺してもいいんだよ、という意味であった、という落ち。
赤松は他の家族を誘拐し、別荘から鳥井へ指示をだして金庫のお金を持ってこさせる予定であった。
しかし、杜萌が鳥井を殺したことを知り、決意を固めた赤松は清水を殺す。
鳥井の死体、現金と未使用の仮面を持って別荘へやってきた杜萌を出迎えた赤松は、二人の死体をワゴンに移し、銃を持たせて同士討ちを装う。鳥井が被っていた仮面は鳥井の体液がついている上に杜萌の発泡で穴が空いているので処分をするために、現金と共に持ち去る。新しい仮面を被った後に現場に捨て去ることで杜萌を襲った仮面の男は赤松であるとアリバイ工作をする。
しかし、この穴の空いた仮面が警察によって発見され、違和感となることで事件の真相解明へと繋がる。
次は暗示された問題である。

夏のレプリカの暗示された謎

答えが明かされるもの

簑沢杜萌の兄であり、物語中で失踪あるいは誘拐されたとされる素生に関する謎である。

素生は誘拐されたのか

これに関してはとトリッキィな回答をしたいと思う。作品を読むまでもなく、これは否定できる。
なぜなら、作者である森博嗣が「幻惑の死と使途」と「夏のレプリカ」に仕掛けを施しているからである。
「幻惑の死と使途」と本作「夏のレプリカ」は同じ時期に起きた2つの事件をそれぞれ別にまとめあげた小説になっている。目次の章が「幻惑の死と使途」では奇数のみ、「夏のレプリカ」では偶数のみとなっている趣向はこのためである。
注目しなければならないのは、作者の森が「2つの事件」と書いている点である。つまり、3つ目の事件は存在しないことになる。屁理屈だと思われるかもしれないが森博嗣という人格を知っている読者であれば、氏が屁理屈による解釈に満ちた言葉の解釈をすることは納得いくだろう。
物語で簑沢家誘拐と鳥井清水殺人の2つの事件が現れるではないか、と反論したくなるだろうが、赤松と簑沢杜萌にとってはこれらは繋がっており、単一の事件であるのだ。
だから、そこに素生の誘拐あるいは失踪という新しい事件があったのでは、「幻惑の死と使途」と「夏のレプリカ」の2作をつなぐコンセプトが崩れてしまう。したがって素生は誘拐されていないし、失踪もしていないと即断することができる。
以上、変化球的な回答をしてみたが、ここに着目しなくても素生不在に対する家族の対応や、ひょこっと現れることになる素生自身の様子を見ればどちらも簡単に退けることができるだろう。

「僕を追わないで」を仕込んだのは誰か

これは杜萌の両親である。
事件後の杜萌の心理描写は終始、素生がいないことに対する不安や焦燥感にフォーカスされている。
普通、家族が誘拐されて、人も死んだとなれば考えるべきはこちらなのだけど、誘拐と殺人の実行犯は杜萌自身なので気を揉む必要性がある道理がないわけである。この辺りも、読者にとっては杜萌が事件に絡んでいることへのヒントになっている。
素生の心配ばかりしている杜萌を見て、不安になった両親は素生が過去にラジオ出演した際の音源を使って、電話がかかってきたと演出することで彼女を安心させようとする。
ここから、そもそも杜萌が2年ぶりに帰省してきた段階で既に素生は部屋に居らず、それは家族も了承済みであることを伺うことができる。

杜萌は素生を殺したのか

殺していない。
最後に素生が登場することから明らかである。
悲しいのは、小説の終わり近く、萌絵が真相を理解し杜萌に推理をぶつける。その後に全てを白状した杜萌は、精神が錯乱しはじめて過去の出来事を回想しはじめる。
その中で、自分が昔、兄である素生を殺してしまったのだと思い込むところまで彼女の精神は追い詰められていく。
杜萌は自分が兄を殺したのだと自責したまま赤松と共に萌絵のもとを去ることになる。

素生の目は見えるのか

素生の失踪が判明するのと同時に実は素生の失明は演技であり、実は健常者なのではないか、という話がでる。
しかし、これも物語最後に偶然、現れる素生が杖を持ち、サングラスをかけていることから彼の失明は本当だろうと考えることができる。

まあ、ここまでは本書を読めば書いてあることだからどうだって良いんだ。
暗示された上に答えが明かされない謎、つまりエヴィデンスのない問いこそが面白いのである。

というわけで、続きは夏のレプリカの新たな記事に譲ります。

Related Post