森博嗣作品の魅力とこれからの読者への願い

導入

森博嗣の読者に対してお願いしたいことがあるのでここに記そうと思う。
森作品が持つ魅力のひとつに描かれている世界の多層性がある。
どういうことだろう。
より具体的に説明すると、作品の中に仕込まれている謎は大きく4つに分類することができ、各々の在り方が違う。
そして、それらの謎の層が織り成す多層性のどの位置に読者の注意を向けるかによって作品の色が変わる。
一度、読み終えた小説であっても、再度、異なる別の視点から読むことで、新しい楽しみを見出すことができる。
これはひとつの作品世界内で完結してる謎もあるし、作品を跨いでいることもある、更にはシリーズを超えて謎が提示されることすらもある。
この多層性こそが森作品が多くの読者を惹きつけて止まない理由であることに疑いはないと思う。

4種類の謎

導入部分に書いたように作品に埋め込まれている謎は4つに大別することができる。

明示された謎

明示された謎は文字通り、物語中でここに問題があるので解いてください、と提示されているものを指す。

1. 事件自体

これが一番分かりやすいだろう。
森作品の全てに殺人事件があるわけではないが、メインのシリーズでは殺人事件が起き、犯行現場は密室であり、誰がやったのかも分からないという状況が与えられていることが多い。
読者は探偵役の登場人物(S&Mであれば西之園萌絵、犀川創平。Vであれば瀬在丸紅子と愉快な仲間達)を介して事件の謎に迫る。

2. 副次的な謎

物語の中で明示されているけれども殺人事件とは直接の関わりがないものである。
笑わない数学者」の中で出題されるビリヤードの玉の並べ替え問題が好例だろう。
それ以外にも「黒猫の三角」で出題される宇宙人にまつわるクイズなどがある。
読み手が答えに辿り着くことが出来ても出来なくても作品解釈に影響しないパートである。

暗示された謎

暗示された謎は、明示された謎と反対にはっきりとは言及されていないが問題としての存在が作中で仄めかされているものである。
多くは作品内での登場人物の人間関係、時間設定背景に関連している。

3. 答えが明かされるもの

Vシリーズ1作目である「黒猫の三角」が分かりやすいだろう。
同作品では、終盤においてメインキャラクタの一人であると見做されていた保呂草潤平が実は本人と入れ替わった別人であることが判明する。
これは物語中でほとんど伏線らしきものはなく、せいぜい主要登場人物であり探偵役の瀬在丸紅子が、保呂草のことが大嫌いである、とわざとらしく漏らしているシーンくらいである。しかし、これも終盤の展開を知っているからそう読み取れるのであって、初めて読んだ段階でここまで気付く人はいないだろう。
森読者であれば知っている通り、他にもS&M、Vシリーズ間の接点もこのカテゴリに入る。

4. 答えが明かされないもの

  
この記事の本題である。
このカテゴリに入るものとしては、百年シリーズに登場するメグツシュカの名前に含まれる子音字に注目することで真賀田四季とのつながりを予見できる、というものがある。周辺事項の設定もその方向性を支持している。
これからの森読者には、ここに属する謎に対して積極的に解釈していっていただきたい。
メグツシュカの例はまだ証拠がありすぎると言っていい。読者はもっと森博嗣が描き出す世界をもっと抽象的に無根拠に理解するように努めるべきだと思う。
なぜなら、上に挙げた分類の1番と3番は定義上、既に作中で答えが明かされているので、解釈の余地はない。2番目に至っては瑣末なので取り拾う必要性すらないかもしれない。
となれば読者が物語を読み込み、独自に解釈を加える必要があるのは、この残りの4番目のカテゴリだけである。
作中で暗示されながらも答えがはっきりと提示されない謎と向き合うことでより深く森博嗣という作家の世界観に触れることができると考える。
森博嗣自体が理系研究者としてのバックグラウンドを持っているために、読み手の方も引きずられて作品解釈をするにあたって絶対的な証拠を示さないといけない、という強迫観念に陥る。
これは良くない。
それよりも、確証的な証拠がない中で森博嗣が著する作品世界に散りばめられたパーツを拾い集めて、組み合わせることで今まで語られることのなかった新しい解釈が立ち上がる可能性に賭けるべきだ。
少なくともその方が面白い。
特に森博嗣が作家活動引退宣言をし、将来的に新作の供給が終わることを考えるなら、古い作品をこれまでなかったアプローチで読む方が実りがある。
揺るぎのない証拠を絶対視していてはこの境地に至ることはできない。
これがこれからの森読者に対する、俺からの願いである。

まずは俺の方から示します

一方的にこちらから要請するだけ、というのも幼稚すぎるので、まずは俺なりに森作品を解釈した記事を書くことにする。
それを好意的にでも批判的にでも受け取ってもらって、新しい人たちのより豊かな解釈へと繋いでもらえたら嬉しい。
俺が読み直したい作品はS&Mシリーズの「夏のレプリカ」である。
エヴィデンスのない世界へようこそ

追記

エヴィデンスに基づかない「夏のレプリカ」の読解・解説を書いた。
森博嗣 夏のレプリカを解説します 導入・瑣末編
森博嗣 夏のレプリカを解説します 本題・完結編

Related Post