地球 独裁 中東 コンピュータ イスラム

《五百字独裁日記》2017.11.24

Posted by


運動・読書・執筆

一元論か二元論か

一冊読むとどんどん読みたい本が増えていってしまう。茂木健一郎の「クオリア入門」を小説のために読んでいる。中身は面白い。ジョン・C・エクルズの”How the self controls its brain”とかすごく面白そう。脳が身体の一部で、その物理的実在から知能や心という機能が立ち上がっていて両者は密接な関係にある、という世界観が俺の素朴な実感としてあったんだけど、それは持っている選択肢から選び取ったのではなくて、オルタナティブの不在から陥っていただけに過ぎないのだと知った。心(mind)が脳をコントロールしている、というのは近代理性的に受け入れられないだろうけど、だからといって何も知らないでいて良いわけではない。特に俺はSF要素を小説に取り入れたいので実世界での物理学的法則やファクトよりもいかに人間知性の想像力が広がっているのかというマッピングを済ませて、そこからアイディアを採択したいと思っている。
心が脳を支配している。
事実でなくてもすごくワクワクするじゃないか。

Civilization Vが起動しない

半年ぶりくらいにゲームやりたくなったのでCivilization Vで遊ぼうとしたらMac high sierraでは起動しないことを知った。
これについては一応の対応方法と合わせて書きますか。まあ短いけどね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *