英語音声(吹替え)の映画やアニメを観るのはリスニングを鍛えるか問題

手短な答えとしては、もちろん、役立つ。英語音声で観るんだからリスニングは多少なりとも刺激される。
繊細に答えるなら映像作品を観るのが最も効率の良いリスニングを鍛える方法ではない。
なぜなら、映像作品は名前の通り、作品のメインの部分は映像美であって、セリフはあくまでも物語世界を紡ぐための道具でしかない。終始喋り倒すコメディ作品であれば良いかもしれないけれど、アクションが多かったり、言葉数の少ないシリアスな作品を観るのは英語のための耳を育てる、という観点からはおすすめできない。

語学学習という点で見た時にNetflixが優れている点は全作品に字幕が付いていることだろう。
字幕に関しても日本語字幕にするか、英語字幕にするのかで議論があるけど、俺は英語字幕を推す。
なぜなら、何を言っているのか分からない部分があっても映像作品は絵が状況の理解を助けてくれるので、最悪聞き取れなくても英語字幕で理解できる箇所と合わせて物語を理解する手助けになるし、その能力はリアル世界で生きるのにも役立つ。当たり前すぎるけど、現実世界の人間が話す時には字幕はない。その時に周りの状況と相手の言葉で理解できる部分を合わせることで、物事を推察できる力を持っていることは大きい。
また、日本語字幕から入ってしまうと英語字幕に切り替えるタイミングが分からなくなって、結局ずっと日本語字幕で見続けてしまうことになる。
英語圏で生活することを前提にした場合には英語のまま理解できる必要があるので早いうちに英語音声、英語字幕で作品を観る習慣をつけたほうがいい。
英語圏で生きていく予定なんてない、という人に関してはそもそも何のために英語なんて勉強しているのか自問することをすすめます。

NetflixにChromeのプラグインを入れると再生速度を自由に操作できるようになるから、より効率的にアニメ作品を消化できるようになります。
やり方はとても簡単で1分で出来ます。コチラの記事で説明しています。

Related Post