英語を勉強する必要はあるか

少し前までなら愚問だったこの種類の疑問も、周知の通りGoogle翻訳のニューラルネットワークによって一気に性能が上がったことで真剣に考えないといけなくなっている。
答えは年代によって変わってくる。
これから生まれてくる子供達は成長する前に翻訳性能が更に上がっており、ウェアラブルコンピュータも普及し機械翻訳を通してコミュニケーションすることが社会に定着しきっているので、英語を学ぶ必要はない。
一方で、大学受験を考えている現役中高生にとっては英語学習は避けられない(受験で使わないなら別だけど)。日本政府がそういう教育方針を今だに続けているのが元凶だけどこれを今すぐ変えるだけの判断力と圧力は日本社会にはない。将来、無意味化することを前提に英語をやるしかない。
日本に限らず英語を種にして食べている人(現状、俺もその一人)はたくさんいるので、本当にフリーでの高性能翻訳が広まりきるまで日本の受験業界は英語学習を子供に押し付け続けるかもしれない。
小学校から高校までを考えるだけでも千時間以上を将来無駄になる英語学習に費やすことを強制する社会は地獄絵図にみえる。
機械翻訳に望みを託して英語学習に見切りをつけて、違うスキルに時間と労力を割くのが賢い選択だと思います。

現在中卒で海外生活を考えている諸君はもちろん、今すぐ英語を勉強しないといけないです。

Related Post