森博嗣 真賀田 四季 秋 感想 瀬在丸紅子

森博嗣 四季 秋を読んだ感想

あまり書くことのない秋 と、まあいきなり本作のキャッチフレーズである「もう一度出せる秋」を弄ってみたわけである。 前に書いた森博嗣の作品解釈に関する記事で「夏のレプリカ」をレビューすると書いたけど、こちらを先に読んでしまったので済ませてしまいたい。 ライトノベルを書くにあたって、普段は小説自体を読まないんだけど流石に何も読まないまま執筆に取り掛かろうとするのは無謀なんじゃないのかと思ったので、本棚に残っていたものを読むことにした。 それが森博嗣の四季 秋である。 刊行2000年代に四季シリーズが順次発行された時に一通り読んだはずなのだけど、秋は印象が薄く、内容をほとんど覚えていなかった。これが上記のライトノベルの執筆に加えて読み直そうと思い至った理由でもある。 四季シリーズの秋はS&MとVシリーズをつなぎ、百年シリーズへの跳躍を予感させる作品だ。 実際に読み始めてみると、意外と内容を思い出すものである。 読んだことのある人であれば分かると思うけど、目立った物語が描かれているわけでもないし、隠れたテーマ性もあるのかないのか釈然としない。 S&Mでのデビュー当時からキャラクタ小説の色合いが強かった森博嗣はVシリーズになり、増々その方向性を強めていった。そのひとつの臨界点としての四季シリーズはある気がする。 特に四季 秋はその要素が強く出ているせいでファンサービスのために書かれた作品であるようにすら見える。 商業作家なのだから読者におもねることもひとつの仕事ではある。批判する意図はない。 あえていうならテーマは愛かな なぜ愛なのかというと、四季 秋の物語では様々なカップルが登場して自分が思いを寄せる相手に対しての心情や態度を吐露するからである。 始めに書いたようにそもそも、この作品自体が今までの作品群を読み続けてきた読者の愛に対して作者の森博嗣が応えたものであるから、この線の解釈も許してもらえないだろうか。 これがアウトだとすると、正直、ほとんど書けることがない。苦笑するしかない。 順番に見ていこう。

Continue reading »