茂木 健一郎 プロセス アイ 小説 チュニジア

茂木健一郎 プロセス・アイを読み始めた

プロセス・アイという茂木によるSF小説に興味を持った 脳科学者として日本国内での教養人をおそらく自負しているであろう茂木がどういった小説を書くのかということに期待というよりも好奇心から手に取った本書。 2000年代から綴られているクオリア日記は彼の人生の軌跡そのものだ。頭のなかにあるものを流れるように書き出しているために所々荒い点があるけれど、それ自体が持ち味とみることだって出来る。茂木は日本国内に留まらず国外の様々な場所に出没している(訪れている、となぜか素直に書けない)せいもあって、その文章には固有名詞と神話的な叙述に満ちている。俺の読みでは、茂木健一郎自身は神の存在を信じていないが、神を信じる人の精神は美しいと思っているに違いない。 それで、本書プロセス・アイに返るわけだけど、これもまた固有名詞とスピリチュアルに満ちている。もちろん、科学や経済資本主義もちゃんと収まっている。 まだ4章までしか読んでいない。正直、誰が主要人物なんかも掴めていない。タケシ(川端武志)、グンジ(高田軍司)のどちらかだとは思うんだけども。世界中の国に居住する様々な人々が現れるから群像劇にも見える。まあそもそもライトノベルみたいなキャラクタ小説ではないからこの観点自体が本筋ではない。 北アフリカのチュニジア、チュニスにあるカルタゴの古代遺跡トフェの神話と精神世界から始まる話は物理学と資本主義へのアルゴリズム的な攻略へとつながっていくらしい(読んでないから読み進めた所までしか書けない)。 よく引き合いに出している森博嗣と比べると圧倒的に茂木の小説には固有名詞が溢れている。とにかく具体的なのだ。ハワイで大学生をやっている日系人であるツヨとチカのデート場面も着ているものからストリートまで名前で満ちている。これが路面にある小石のようにゴツゴツとした感触を与えてくれてなんとも心地良い。森博嗣の作品は固有名が極端に少ない。抽象的といってもいい。茂木は物理学、精神世界での抽象的な世界を提供しつつも、あくまで具体的な世界像の中で物語が進行していることを示してくれる。 単なる好奇心から読み始めた本書だけど、予想していた以上に面白い。 茂木が作家としての知名度が低いことが信じられないしとても惜しい。 金持ち脳・貧乏脳みたいなくだらない本なんて出さない方がいいのに。才能の無駄遣いだ。

Continue reading »
森博嗣 茂木健一郎 すべてがFになる 捨てる メフィスト ポストモダン ソーカル事件

なぜ茂木健一郎は森博嗣のすべてがFになるをゴミ箱に捨てたのか? 総括編

経緯説明はこちらを参照してほしい。 というわけで、どういった理由で茂木健一は沖縄で海に下半身を浸かりながら読んでいた「すべてがFになる」をゴミ箱に投げ捨てなければならなかったのか? 前の記事でほとんど明らかになった事柄について説明していかなければならない。 気楽にまとめよう 茂木は自身が所属する科学コミュニティとポストモダンを代表とする思想界の両者のそれぞれがある違う文脈では有効性を示さないことを看過した。 その溝を埋めるための両者をつなぐための大きなものの存在を希求している。 そして、同様の世界間のズレを文学にも発見した。それは今までの文学とメフィスト賞作品との間に見出されるらしい。 アカデミズムと文学という異なる世界で共通の課題が横たわっているということは、この問題自体が現代の諸々に通底するものであると茂木は捉えているのかもしれない。 森博嗣について見てみよう。 彼は工学博士という理系アカデミズムの人間である。 一方で文学においては異端あるいは色物(と少なくとも同時は見做されていた)であるメフィスト賞の記念すべき第一回を受賞してデビューを果たした作家である。 同じく博士号を持ち、古典文学をこよなく愛する茂木から見るとさぞバランス感覚を欠いた人間として映るに違いない。 真賀田四季の設定が深いようでどこか底抜けである、という印象は森博嗣作品が好きである俺も同意できる。 重ねて悪いことに、舞城王太郎は第19回メフィスト賞を受賞している。文學界の連載で舞城王太郎の作品を否定的に取り扱った茂木からすると森博嗣は舞城王太郎の大先輩でありアーチ・エネミーである。 もし、森博嗣作品に文系的な教養と会話が挟み込まれていたら自体は180度変わっていた可能性がある。 しかし、残念ながら、かくして茂木健一郎は「すべてがFになる」を読み、激昂してゴミ箱に投げ捨てたのであった。

Continue reading »
森博嗣 茂木健一郎 すべてがFになる 捨てる メフィスト ポストモダン ソーカル事件

なぜ茂木健一郎は森博嗣のすべてがFになるをゴミ箱に捨てたのか? 導入・経緯説明編

森博嗣を読んだ茂木健一郎は激昂した 脳内参照リソース不足である人間によって運営されている当サイトは長らく森博嗣作品と脳科学者・茂木健一郎氏に関するネタを投稿してきた。 これには管理人の能力以外の理由も実は在る。 それがこの記事のタイトルである、なぜ茂木健一郎は森博嗣のすべてがFになるをゴミ箱に捨てたのか?にある。 意味が分からないかもしれない。一体何の話をしているんだ、と思うかもしれない。 実は、この一見すると接点のなさそうな二人をつなぐブリッジが存在するのだ。 一体何があったのか 事態は2005年1月31日の茂木健一郎によるクオリア日記に全てある。 当日の日記で、茂木は忙殺状態にあり精神的にもかなり追い詰められている様子が記されている。 当日締切の「大仕事」を処理しながら、論文作業も進める。そんな状況であっても散歩を終えた茂木は新潮を読み耽る。この辺り、メンタルタフネスが鍛えられたインテリぽいではないか。 中身は浅田彰、柄谷行人、鵜飼哲鼎談と大森望、豊崎由美の「文学賞メッタ斬り!」である。 取り組んでいる科学分野(conventional scienceと元ブログでは表されている)が持つ知の体系と浅田、柄谷、鵜飼が語るジャック・デリダ論を比して、茂木はふと思う。 無茶苦茶な世界に生きているなあと思う。その無茶苦茶さが、シミジミ面白い。 茂木は従来からの科学の在り方はある文脈ではゴミ屑(元記事ではarse hole)であることを、同新潮に連載されている保坂和志の 「利根川進みたいな能天気なヤツは、あと十年とか二十年で記憶が解明されて、あと百年以内に意識の全貌が解明されるとか言っているけれども、全然無理なんじゃないか?」 という文章を引き合いに出し、具体例として示している。 ある思想の文脈の中では、科学者は能天気に見える。 一方で、婉曲的にソーカル事件に言及した上で

Continue reading »
Netflix 英語 学習 アニメ 吹替え 留学

Netflixについての不満 日本アニメに英語吹替えがない

日本版Netflixには日本アニメに英語音声がない、と思っていたらあった件について。 日本アニメを教えてくれたのは誰か 奇妙に聞こえるかもしれないが、俺に日本アニメの良さ(少なくとも当時は面白いと思えた。今はそうでもない)教えてくれたのはNetflixだ。 アニメや漫画に触れる機会があまりなかった俺はアメリカ留学時に、向こうでは皆がNetflixという動画ストリーミングサービスを使って動画を楽しんでいることを知った。 あまりに情弱だった俺は初めそれが何なのか理解しておらず、アメリカで販売されているテレビに内蔵されている機能だと勘違いしていた。 向こうはケーブル局のチャンネル数がとても多く、その延長上の何かだと思っていたのだ。今では信じられない。 友達にこれ絶対に面白いからと言われてFight clubを観た。ブラッド・ピットは早口すぎて何を言っているのか理解できなかったけれど、なんとなく勢いで見終えた。 そんな折、俺はDeath noteと出会った。名前は知っていたけれど詳しい内容は知らなかった。 日本人なんだから日本のアニメ観ようぜ的ノリで観ることになった。 最初の2話で心を持っていかれた。アニメってめちゃくちゃ面白いと初めて知った。 今では、Netflixの本社があるアメリカでリメイクされるほどに北米でも人気があるDeath noteだが、当時はアニメ好きのナードだけが知っているくらいの認知度しかなかった。 ハロウィンの時にデスノートのLのコスプレをしていたら、マイケル・ジャクソンと間違われたくらいに絶望的だった。 南米からの留学生は子供の頃から日本アニメに触れているおかげもあって、Death noteを知っている割合は高かった。 そこからFullmetal Alchemistなんかも観た。 とにかくだ。米国のネット産業事情にも日本の国産アニメ事情に疎かった俺に両方の価値を教えてくれたのがNetflixだった。

Continue reading »

茂木健一郎について 脳科学者の多重人格性とマスメディア

脳科学をやるのは、意識の解明のためです。クオリアを解き明かすのに必要な手法は、脳科学に限られません。今流行りの、IITを始めとする統計的手法では、意識の本質の解明ができないと論理的に確信しています。小説を書いたり、その他の活動もします。活動人格の間の統合性の優先順位は低いです。 — 茂木健一郎 (@kenichiromogi) 2015年9月3日 referenced from @kenichiromogi Pinned tweet 茂木健一郎は頭いいよ。 ぼくら一般大衆も見習うところがたくさんある。 特に彼の多重人格性はとてもおもしろいし、模倣すると役に立つよ。 多重人格宣言 いきなり多重人格性と言われてもピンとこないかもしれないけれど、それは始めに引用したTwitterのトップ固定ツイートの締めの文である「活動人格の間の統合性の優先順位は低いです。」に端的に書かれているよ。つまり、茂木はとても自覚的にあるいは演技的に人格のチューニングをすることで環境に適応するという生存戦略を実践しているよ。 茂木のすごいところはこれが八方美人に終わっていないところ。普通のスペックの人が同じように振る舞うとご都合主義、日和見主義に陥ってしまって、単なる芯のないふにゃふにゃ野郎になってしまう。だけれど、茂木は違う。一見、場に居る人間の意見を合わせているようでいて、それを突き抜けて茂木自身の意見を主張する強さと巧みさを持ち合わせているよ。これってすごいことなんだよ。普通はできないし、そもそもやろうとも思わない。 大衆の楽しみであるお笑い界を批判したりと、たまにドジを踏んで色んな偉い人たちから怒られることもある。でも、そんな時ですら、本来は敵対側であるはずのお笑い芸人の中から茂木をアシストしてくれる人(オリエンタルラジオの中田敦彦)が登場するくらいに人望があるんだよ。更にそんな悪状況を二転、三転とコロコロころがすことで敵陣営の親玉の一人である松本人志のニュースバラエティ番組に現れて、和解演出まで持っていくことができるんだよ。人間関係のトラブルは付きものだから、こんな綺麗な着地に持っていけるのはすごい。あまり知られていないことだけれど、2012年には日本人で初めてTEDの舞台に立ってプレゼンテーションしたのは茂木だったりする。 残念ながら現在は諸事情によりTEDの動画はみられなくなってしまっている。アメリカに渡って2011年に起こった東北の震災についてスピーチをするなんて誇らしいよね。 文字通り世界中を走り回っている。詐欺脳科学者、髪型がアハ体験なんてみんなから馬鹿にされても全く気にせずに楽しく生きている。こんな風に充実した人生を送られるのはすばらしいことに決まっているじゃない。 というわけで、茂木健一郎について探っていくことでぼくらの人生だって豊かなものにできるはずなのです。

Continue reading »

茂木健一郎の講演をまとめてみた

茂木健一郎の小中学校の教員向けに行われた講演について内容をまとめた。 トピックと内容を簡潔な形でリストにしただけであるが、講演の完全書き起こしには及ばないまでも中身については理解できると思う。 茂木健一郎自体についてのより詳しい記事はこちらをどうぞ。 挨拶 移動中、講演場所である市について考えた 子供が科学教育を身につければ工業の多い市に定着して住むことが可能 世界を変えるベンチャー企業が誕生する可能性 今回の市での科学教育変革は先端的で素晴らしい 今の教育の問題点は時勢の変化に対応していないこと 羽生がAIと闘うと勝率1% ケンブリッジ飛鳥は新幹線よりも遅い 人類という縛りでの競争は残る すぐ未来に自動運転が普及する 翻訳の発達で言語の壁もなくなる 子供はゲーム、ネットの世界に詳しい Minecraft YouTube この科学技術の変化の中で公教育が貢献しているもの 学びには2種類ある「積み上げ」と「好奇心」 小中学校は積み上げでの基礎作り

Continue reading »