リズムに関するよくある誤解。

実は、三三七拍子は三三七拍子ではなく四拍子である。

何を言っているのかと思うかもしれないが、冷静に数をかぞえながらリズムを取って手を叩いてみると分かる。
一般に三三七拍子は次のようなリズムになる。休となっている部分は休符を表すとする。

1-2-3-休 1-2-3-休 1-2-3-4 1-2-3-休

1,2,3と数えているから3拍子だと思い込んでしまうかもしれないけれど、考えると、本来は4と数えるところを休符にして飛ばしているだけだ。
というわけで、三三七拍子は四拍子である。

では、本当の三三七拍子はどんなリズム?

これは主に2通り考えることができる。
パターン1:7泊を4泊+3泊とする。

1-2-3 1-2-3 1-2-3-4 1-2-3

パターン2:7泊を3泊+4泊とする。

1-2-3 1-2-3 1-2-3 1-2-3-4

以上のどちらかに合わせて、実際に手を叩いてみると本当の三三七拍子のリズムが分かる。
ポイントは休符を入れずに休まずに手を叩くこと。
変拍子になるのでプログレッシブな感覚を味わうことができるだろう。